国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
絵画・版画
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

*チケットプレゼント*
栄光のパリ時代から、故郷チェコに尽くした晩年までの作品、400点余りをご紹介します。

1356 0 0 2
アルフォンス・ ミュシャ展

【画像キャプション:《スラヴ叙事詩展》1928年 OGATAコレクション】

*チケットプレゼント応募締切*
2023年4月2日(日)/5組10名
応募方法は文末に記載


19世紀末パリ、ベル・エポック(美しき時代)を彩り、アール・ヌーヴォーを牽引したアルフォンス・ミュシャ。1860年、民族意識の色濃いモラヴィア地方の村イヴァンチッツェ(現チェコ共和国)に生まれたミュシャは、27歳のときパトロンの援助を受けパリ留学を果たします。その後援助が終了すると、挿絵画家として細々と生計を立てていましたが、34歳のとき転機が訪れます。当時パリで名高い女優サラ・ベルナールの舞台「ジスモンダ」の宣伝用ポスターを手掛けたことで、一躍時代の寵児となったのです。貼ったそばから剥がされるほど反響を呼んだミュシャのポスターは、サラの心をも掴み6年間のポスター制作契約を結ぶに至ります。

サラとの仕事で名を馳せたミュシャのもとには、ポスターはもとより装飾パネル、カレンダー、商品パッケージなど様々なデザインの依頼が殺到します。とりわけ装飾パネルは、リトグラフで制作することで大量生産と安価での販売が可能になり、それまで富裕層の特権であった芸術を、一般市民にまで広める役割を果たしました。そして何より、優美な女性像と草花の有機的な曲線美を活かしたデザインは、「ミュシャ・スタイル」としてひとつのデザインのジャンルを確立し、ついにミュシャはアール・ヌーヴォーを代表する芸術家(ポスター画家、デザイナー)にまで昇りつめます。

1900年には第5回パリ万博において、ボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾および、オーストリア=ハンガリー帝国のためのポスター制作の依頼を受けます。特にボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾は、晩年の《スラヴ叙事詩》制作の足掛かりとなりました。ミュシャはこの後商業的な仕事からは距離を置き、後半生を祖国チェコとスラヴ民族に捧げることになります。

1906年以降アメリカに拠点を移したミュシャは、《スラヴ叙事詩》制作のための資金の目途が立つと、1910年チェコに帰国します。祖国に戻ったミュシャは《スラヴ叙事詩》制作と並行して、プラハ市民会館の壁面装飾のほか、1918年にチェコスロヴァキア共和国が独立すると、切手や紙幣など新国家に関連するあらゆるデザインを無報酬で引き受けました。こうした姿勢は、パリ時代に芸術を一般市民も親しめるものにしたいと尽力した姿と重なり、ミュシャが「民衆のための芸術」という信念を終生貫いたことを表しています。

本展では、パリ時代の華やかなポスター、装飾パネルをはじめ、画学生の手引きになるようにと制作された『装飾資料集』などを中心に、祖国発展のため手がけた切手や紙幣のデザイン、《スラヴ叙事詩》のパネルなどを通して、後半生を捧げた祖国チェコへの献身にも焦点を当てます。


【チケットプレゼント応募方法】-------------------------------------------------
ログイン後、本ページの「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンより申請願います。

なお初回応募時は送付先住所の登録が必要となりますが、次回の応募からは送付先住所を
選択するのみとなり再度登録は不要となります。

また一度チケットプレゼントを申し込まれたイベントは、
「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが表示されないため、
申し込みを行ったかはログイン後「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが
表示されていないことで確認が行えます。

チケットプレゼントのご応募にはShareArtの会員登録が必要ですので、
ご応募の際は以下URLよりご登録の程よろしくお願いします。

<ユーザー登録(無料)はこちら>
https://www.share-art.jp/signup

■当選発表
 応募締め切り後1週間以内を目途にマイページにて発表

<その他の現在応募受付け中のチケットプレゼント情報はこちら>
https://www.share-art.jp/event/ticket

-----------------------------------------------------------------------------------

開催日 2023年04月07日~2023年06月04日
会場 八王子市夢美術館
会場住所 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F 地図
地域 東京 / 未定義
入場料 一般 800 円、学生(高校生以上)・65 歳以上 400 円 中学生以下無料
営業時間 10:00〜19:00(最終入館時間 18:30)
休館日:月曜日
イベントURL https://www.yumebi.com/
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
東京・渋谷区・新宿区...
2023/9/21 ~ 2023/9/26
東京・未定義
2023/10/15 ~ 2023/11/19
東京・渋谷区・新宿区...
2023/10/13 ~ 2023/10/17

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

もうすぐ開催 2023年10月3日(火)

2023年10月8日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

novae2022 特別賞受賞展 静花...

わたしは、わたしには解らないことだらけのこの世のせめて爪先だけでも見つけたくて、筆といっしょに...

もうすぐ開催 2023年10月3日(火)

2023年10月8日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

大西信之展 REBORN ー失明の危機...

昨年、同じ会場で大きな反響を呼んだ「オネアミスの翼」の続編です。 昨年は展示されなかったこの...

開催前 2023年11月7日(火)

2023年11月12日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

田口恵子個展「白昼夢」

朝起きて仕事をし、食事をし、制作をし、そして寝る。 特に大きな問題もなく日々過ごしている。 ...

もうすぐ開催 2023年10月3日(火) 11:00

2023年10月8日(日) 18:30
東海 愛知

牧野美裕希展 ー在るー

牧野美裕希初の個展を愛知県名古屋で開催! 『存在すること』にフォーカスをあて油彩、アクリル画...

このイベントに行きたい人11人

  • みかん
  • おさとう
  • hamadaaya
  • 福山明美
  • くり1221
  • どれみ
  • 額田治香
  • ふかふかシープ
  • マリオ
  • 佐藤 有希枝
  • ayapon