国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

開催まで後110日
カテゴリ
インスタレーション
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

*チケットプレゼント*
本展では、50年にわたるボルタンスキーの様々な試みを振り返ると同時に、「空間のアーティスト」と自らを呼ぶ作家自身が、展覧会場に合わせたインスタレーションを手がけます。

269 0 0 0
クリスチャン・ボルタンスキー̶Lifetime

【画像キャプション:ミステリオス》 2017 / ビデオプロジェクション(HD、約12 時間)、3 面のスクリーン / 作家蔵 © Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo © Angelika Markul】

*チケットプレゼント応募締切*
2019年6月16日(日)/5組10名
応募方法は文末に記載

現代のフランスを代表する作家、クリスチャン・ボルタンスキー(1944年–)の活動の全貌を紹介する、日本では過去最大規模の回顧展です。作家は1960年代後半から短編映画を発表、1970年代には写真を積極的に用いて、自己や他者の記憶にまつわる作品を制作し、注目されます。1980年代に入ると、光を用いたインスタレーションで宗教的なテーマに取り組み、国際的な評価を獲得。その後も歴史や記憶、人間の存在の痕跡といったものをテーマに据え、世界中で作品を発表しています。本展では、50年にわたるボルタンスキーの様々な試みを振り返ると同時に、「空間のアーティスト」と自らを呼ぶ作家自身が、展覧会場に合わせたインスタレーションを手がけます。

【作家プロフィール】
クリスチャン・ボルタンスキー
CHRISTIAN BOLTANSKI

ロシア系ユダヤ人の父とコルシカ出身の母のもと1944年にパリで生まれる。1968年に短編映画を発表し、1972年にはドイツのカッセルで開かれた国際現代美術展のドクメンタに参加して以降、世界各地で作品を発表する。1980年代後半には、ナチス・ドイツの犠牲になったユダヤ人を暗示するかのような写真を制作する。1990年代以降は大規模なインスタレーションを数多く手がけるようになる。1990–91年にICA名古屋と水戸芸術館で個展を開催。以来日本とも密接な関係を築き、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)には第1 回から参加し、2010年に「瀬戸内国際芸術祭」(香川)が開かれた折には《心臓音のアーカイブ》を豊島に開館する。2001年にはドイツでカイザーリング賞を、2006年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。現代のフランスを代表する作家として知られる。

【チケットプレゼント応募方法】-------------------------------------------------
ログイン後、本ページの「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンより申請願います。

なお初回応募時は送付先住所の登録が必要となりますが、次回の応募からは送付先住所を
選択するのみとなり再度登録は不要となります。

また一度チケットプレゼントを申し込まれたイベントは、
「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが表示されないため、
申し込みを行ったかはログイン後「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが
表示されていないことで確認が行えます。

チケットプレゼントのご応募にはShareArtの会員登録が必要ですので、
ご応募の際は以下URLよりご登録の程よろしくお願いします。

<ユーザー登録(無料)はこちら>
https://www.share-art.jp/signup

■当選発表
 応募締め切り後1週間以内を目途にマイページにて発表

<その他の現在応募受付け中のチケットプレゼント情報はこちら>
https://www.share-art.jp/event/ticket

-----------------------------------------------------------------------------------

開催日 2019年06月12日~2019年09月02日
会場 国立新美術館 企画展示室2E
会場住所 東京都港区六本木7丁目22−2 地図
地域 東京 / 港区・文京区(六本木など)
入場料 一般:1,600円(1,400円)
大学生:1,200円(1,000円)
高校生:800円(600円)

※中学生以下は入場無料
※障害者手帳をご持参の方(付添いの方1名を含む)は入場無料 
※高校生無料観覧日については追って発表します 
※()は団体券、前売料金。団体券は国立新美術館でのみ販売(団体料金の適用は20名以上)
営業時間 10:00–18:00

※毎週金・土曜日は、6月は20:00まで、7・8月は21:00まで
※入場は閉館の30分前まで

休館日:毎週火曜日
イベントURL https://boltanski2019.exhibit.jp
東京都港区六本木7丁目22−2

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

もうすぐ開催 2019年2月22日(金) 11:00

2019年3月3日(日) 17:00
東京 足立区・北区・荒川区・台東区(上野など)

<DenchuLab.2018採択企画...

DenchuLab.とは、日本の近代彫刻を拓いた彫刻家・平櫛田中の旧居兼アトリエである旧平櫛田...

開催前 2019年4月16日(火) 11:00

2019年4月27日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

下村優介切り絵展 ―紙の業―

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、繊細な切...

開催前 2019年3月18日(月)

2019年3月30日(土)
京阪神 京都

ウンポポ コッペ展

 ウンポポ コッペは仏教に影響を受け、穢土(煩悩のある世界)や穢れの世界を描いています。それは...

開催中 2019年2月12日(火) 11:00

2019年3月2日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

「 川本渓太 × しろこまたお」展

この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、Roppo...

このイベントに行きたい人3人

  • 櫻井智子
  • オリガ
  • 湯嶋敦