国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
絵画・版画
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

<ポーラ美術館>
日本最多のルノワール・コレクションを持つポーラ美術館が、初めて開くルノワール展。“印象派の画家”にとどまらない、新たなルノワール像が見えてくる!

648 0 0 0
ルノワール礼讃 ルノワールと20世紀の画家たち

◆日本最多のルノワール・コレクションを持つポーラ美術館が、初めて開くルノワール展。“印象派の画家”にとどまらない、新たなルノワール像が見えてくる!

「美しく描かなければいけない」―その晩年、年少の画家ボナールにこう語ったといわれるピエール・オーギュスト・ルノワール(1841-1919)。印象派の巨匠として知られますが、画業の後半期においては、人物像や花、そして古典的な裸婦を主題に、情感を込めた筆致により、たゆむことなく美を追究し続けました。 この展覧会では、ポーラ美術館が収蔵する日本最多のルノワール・コレクションから、後半期~晩年にかけての優品14点を展覧。「花」「女性像」「裸婦」「南フランスと地中海」という4つのセクションに分け、これまで印象派時代の成果の影に隠れがちだったルノワール芸術の到達点を見つめ直します。


◆ルノワールに会いたい!―老画家のアトリエを訪ねる若き才能たち。
次世代の芸術を動かした「ルノワール礼讃」の様相を探る

近年、研究者の注目を集めているのが、晩年のルノワールが後世の画家たちに与えた影響です。マティスやボナールといったフランスの画家だけでなく、エコール・ド・パリの画家たちやピカソ、日本の梅原龍三郎にいたるまで、多くの画家がこの時期のルノワールに敬意を表し、なかには直接教えを請いに訪れた者もいました。彼らとルノワールの作品を同じテーマで比較しながら、計52点の作品により、20世紀初頭における「ルノワール礼讃」の広がりをご紹介します。

開催日 2013年12月01日~2014年04月06日
会場 ポーラ美術館
会場住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285 地図
地域 南関東 / 神奈川
アクセス JR小田原駅、小田急線・箱根登山線箱根湯本駅より箱根登山電車 「強羅駅」 下車後、観光施設めぐりバスにて約13分 「ポーラ美術館」 下車

JR小田原駅、小田急線・箱根登山線箱根湯本駅より仙石原経由湖尻・桃源台行バスで 「仙郷楼前」 下車後、観光施設めぐりバスにて約3分 「ポーラ美術館」 下車
入場料 大人 1,800円(1,500円)
シニア割引(65歳以上) 1,600円(1,100円)
大学・高校生 1,300円(1,100円)
中学・小学生 700円(500円)
※ 土曜日は小・中学生は無料
営業時間 午前9時 ~ 午後5時
※入館は午後4時30分まで
会期中無休
イベントURL http://www.polamuseum.or.jp/
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催中 2018年2月11日(日) 12:00

2018年3月8日(木) 20:00
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

高橋ひとみ写真展「真っ直ぐ行って あの...

高橋は、島根県出雲市から上京した2016年4月より、渋谷・原宿・新宿を中心に街を歩いては行き交...

開催中 2018年2月16日(金) 9:30

2018年4月15日(日) 17:00
南関東 神奈川

「第21回岡本太郎現代芸術賞(TAR...

第21回TARO賞、開催!

もうすぐ開催 2018年2月22日(木) 11:00

2018年3月3日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

ROPPONGI α ART WEEK...

ROPPONGI α ART WEEK 2018は、六本木周辺の4つのギャラリーが国立美術館で...

開催中 2018年2月6日(火) 11:00

2018年2月25日(日) 19:00
京阪神 京都

Gallery PARC 次回展:

2000年より現在まで、韓国高麗時代から朝鮮時代に至る仏教絵画の模写にこだわり制作を続ける朴善...

このイベントに行きたい人0人