国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

JIA Illustration Award 2017 出品作・その2
昭和38年昭和の懐かしい芝公園の一帯です。
写真撮影者さまからの写真提供のご厚意を受け、構想から3年、描く天気や移りゆく時間帯を試行錯誤し、この大好きなこの東京タワーの情景を完成することが出来ました。
 そもそも、この風景に惹かれた理由ですが、撮影地点のすぐ後ろにある病院で、この世に生を受けた私にとって此処は生まれ故郷であり、退院直後にはあのタワーふもとのタロ・ジロの銅像前で、誕生記念の撮影をしたという感慨深い地なのであります。その日のことは、ちょっと覚えておりませんが。
この絵の時代設定は東京タワー竣工の5年後の昭和38年、真下の大屋根のタワーボウルの開業時。後を追うように「東京12チャンネル」の大きな社屋がタワーの足元を覆うように建ってきます。ボウリングブームの1970年までは、あと7年を要します。
 それから、このオート三輪のマツダT2000もまた懐かしいトラックで、我が家の前では氷屋さんがこのT2000で毎日やって来ては、運んできた氷柱を車上で“シャキシャキ”と軽快なリズムでノコギリで切断しては配達してました。
その際に出る氷のカケラやかき氷?を、いつも貰っては頬張っておりましたっけ。遊び汚れたきったない手で。

カテゴリ
絵画・版画
イラスト・絵本
作品
タグ[編集]
旧車
ネオン
昭和
夕暮れ
東京タワー
レトロ
風景
マツダT2000
89 0 2 0

BRAVO SEAL

FAN 2

  • ciel.w
  • うみ7

PICKUP GALLERY

OTHER GALLERY

COMMENT

会員登録をしてコメントしよう!