国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
オールジャンル
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

本展では、様々な視点から「肖像」を問い直し、現代を生きる私たちが直面するアイデンティティの不確かさ、そして「肖像」と「わたし」を取り巻く諸状況について考えます。

109 0 0 0
コレクション展2020-Ⅱ コレクション・ハイライト+特集「肖像(わたし)」

特集「肖像(わたし)」では、現代の「肖像」作品を通して、アイデンティティのゆらぎや「自己/他者イメージ」の変化をたどります。「肖像」作品は、従来、“ある人”の記憶をとどめたり、理想化された自己の姿を投影する役割を担ってきました。現代では、絵画、写真、彫刻、映像など、多彩なメディアと素材で表現されるようになり、それとともに作品に込められた問題意識も多様化しています。とりわけ肖像写真においては、作品に写し出された「対象」に付与された”既存のイメージ”を問い直すような作品が、近年、数多く誕生しています。性別や国籍、外見的な特徴など”見た目”による「自己/他者イメージ」がゆらぐ時、わたしたちはどのように「わたし」や「他者」を位置づけることができるのでしょうか。本展では、様々な視点から「肖像」を問い直し、現代を生きる私たちが直面するアイデンティティの不確かさ、そして「肖像」と「わたし」を取り巻く諸状況について考えます。
コレクション・ハイライトでは、「ヒロシマ」を起点に平和を問う作品を紹介します。広島市現代美術館は、被爆都市・広島の美術館として、「『ヒロシマ』と現代美術の関連を示す作品」を収集の柱のひとつとしてきました。被爆75周年という節目の年に、「ヒロシマ」をめぐる作家の多様な視点と表現を通して、今日に続く「平和への課題」に、美術作家らがどう対峙してきたかをたどります。

【出品作家】
●肖像(わたし)
赤瀬川原平、ハイレッド・センター、福田繁雄、舟越桂、ジュリアン・シュナーベル、
チャック・クロース、アレックス・カッツ、秋山祐徳太子、都築響一、諏訪敦、ドゥエン・ハンソン、
河原温、アンディ・ウォーホル、石内都、太田三郎、鷹野隆大、森村泰昌、澤田知子、
シンディ・シャーマン、池田満寿夫、ディヴィド・ホックニー、駒井哲郎、大木裕之、
アピチャッポン・ウィーラセタクン、田中功起
●コレクション・ハイライト
ジム・ダイン、宇佐美圭司、浜田知明、殿敷侃、松本旻、尹亨根、アラン・グリーン、靉嘔、金光松美、
細江英公、土田ヒロミ、山口勝弘、村上隆、入野忠芳、アンソニー・グリーン、若林奮、工藤哲巳、
大岩オスカール、ヤノベケンジ、インゴ・ギュンター、岡本太郎、オノ・ヨーコ、キース・ヘリング、
高嶺格、土屋公雄、柳幸典、モナ・ハトゥム、アンジェ・レッチア

開催日 2020年08月06日~2020年11月29日
会場 広島市現代美術館
会場住所 広島県広島市南区比治山公園1-1 地図
地域 中国 / 広島
入場料 一般 300(250)円、大学生 200(150)円、高校生・65歳以上 150(100)円、中学生以下無料
※( )内は30人以上の団体料金 ※11月3日(文化の日)は無料
営業時間 10:00-17:00 ※入場は16:30まで

休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)
イベントURL https://www.hiroshima-moca.jp/
広島県広島市南区比治山公園1-1

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催前 2021年3月1日(月) 10:00

2021年3月17日(水) 17:00
南関東 神奈川

田尾憲司展2021

この度、f.e.i art galleryでは2021年3月1日(月)より、本年で4回目の開催...

開催前 2021年2月9日(火)

2021年2月14日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

金澤洋輝 個展「線を編む」

金澤洋輝 個展「線を編む」

開催中 2021年1月19日(火)

2021年1月24日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

NaNaHa 個展「__ with 〇〇」

NaNaHa 個展「__ with 〇〇」

開催中 2021年1月19日(火)

2021年1月24日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

やましたみか 個展「布と皮膚と香りと、」

やましたみか 個展「布と皮膚と香りと、」

このイベントに行きたい人0人