国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
工芸・陶芸・民芸
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

本展は、まとまって公開されることの少なかった館蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器(磁州窯系陶器)を紹介します。あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示いたします。

244 0 0 0
―「鉅鹿」発見100年―  磁州窯と宋のやきもの展

【画像キャプション:国宝「曜変天目」建窯 南宋時代(12~13世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】】

 中国宋代(960~1279)の陶磁器は「宋磁」と称され、中国の工芸文化のひとつのピークを示すものとして世界的に評価されています。2020年は、近代における宋磁蒐集の契機となった北宋の町「鉅鹿」遺跡と磁州窯の陶器の再発見からおよそ100年にあたります。
 磁州窯は河北省南部に位置し、五代(10世紀)以降現代まで日用の器物を大量に生産した民窯です。白化粧や黒釉の技法を基本に、独特の「掻落し」と呼ばれる彫刻的な文様表現、鉄絵や紅緑彩(赤絵)、三彩や翡翠釉などを用いた多種多彩で装飾性豊かな陶器を生み出しました。また同様の製品を焼造する生産地は、河南・山西・山東・安徽・陝西といった華北地域一帯に広がり、またその技術は国境を越えて契丹族の遼(916~1125)やタングート族の西夏(1038~1227)にまで伝わっていきました。
 本展ではまとまって公開されることの少なかった館蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器(磁州窯系陶器)を紹介します。あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示いたします。

開催日 2020年01月18日~2020年03月15日
会場 静嘉堂文庫美術館
会場住所 東京都世田谷区岡本2-23-1 地図
地域 東京 / 世田谷区・目黒区・品川区・大田区(下北沢・自由が丘など)
入場料 一般1,000円、大高生および障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名含む)700円、中学生以下無料
※20名以上の団体は200円割引
営業時間 午前10時~ 午後4時30分(入館は午後4時まで)
イベントURL http://www.seikado.or.jp/
東京都世田谷区岡本2-23-1

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催前 2020年4月14日(火)

2020年4月19日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

ACT主催公募グループ展「花とひと 3」

ACT主催公募グループ展「花とひと 3」

開催前 2020年5月26日(火)

2020年5月31日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

グループ展「SPROUT -新たに芽吹...

グループ展「SPROUT -新たに芽吹いた6つの息吹-」

開催前 2020年4月21日(火)

2020年4月26日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

岸田 尚 肖像画展Ⅷ

岸田 尚 肖像画展Ⅷ

開催中 2020年3月30日(月) 11:00

2020年4月11日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

松村淳 ガラス作品展 ー密やかなできごとー

このたび、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、ガラス作...

このイベントに行きたい人0人