国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
オールジャンル
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

目ではかたちをとらえにくい、けれど空間に確かにたちあがる「音」の世界を、写真で、文字で、図像で、表現・構成。有山によって可視化された「音」は、どんな表情を見せるのか。

295 0 0 0
有山達也展「音のかたち」

【画像キャプション:展覧会告知チラシ】

有山達也は、東京藝術大学を卒業後、中垣デザイン事務所を経て、1993年アリヤマデザインストアを設立。2002年の1号の刊行から15年まで76号にわたりアートディレクターをつとめた『ku:nel』や、現在手がけている東京藝術大学発行の『藝える』、座・高円寺のフリーペーパー、北九州市発行情報誌『雲のうえ』といった広報誌をはじめ、文芸書から料理本、写真集、漫画など、さまざまなジャンルのエディトリアルデザインを中心に、キャリアを重ねてきました。

編集者やライター、カメラマン、イラストレーターといった協働者と対話を重ね、それぞれの持つ力を効果的に引き出すアートディレクションや、独特のゆったりとした佇まいをもつレイアウト。手にとるものに、心地よい空気感と品の良さを感じさせるデザインを世の中に届けています。

また、デザインの仕事のかたわら、数千を超えるレコードコレクションとヴィンテージオーディオを持ち、音楽と密接に関わる生活を送る有山。東京初となる今回の個展で、テーマに選んだのは「音」でした。

音を生むレコード針とレコードの溝を接写レンズでとらえた、写真家の齋藤圭吾の著書『針と溝』(本の雑誌社)。この写真集のエディトリアルデザインを手がけた有山は、制作に関わる中で、「音」には「かたち」があるのではないかと思った、と言います。

今回の展覧会で有山は、齋藤との協働による、『針と溝』の世界をさらに進化させたヴィジュアル表現や、レコードの音を作り出すカッティングエンジニアやオーディオ機器を作っている人たちへの取材を通し、「音」の可視化に取り組みます。目ではかたちをとらえにくい、けれど空間に確かにたちあがる「音」の世界を、写真で、文字で、図像で、表現・構成します。有山によって可視化された「音」は、どんな表情を見せるのか。ぜひご高覧ください。

■プロフィール
有山達也 Tatsuya Ariyama
1966年埼玉県生まれ。中垣デザイン事務所にデザイナーとして約3年勤務。1993年アリヤマデザインストア設立。エディトリアルを中心としたデザイン、アートディレクションを担当。第35回(平成16年)講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。ミームデザインスクール講師。東京藝術大学非常勤講師。

開催日 2019年08月27日~2019年10月05日
会場 クリエイションギャラリーG8
会場住所 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F 地図
地域 東京 / 千代田区・中央区(銀座など)
入場料 無料
営業時間 11:00a.m.-7:00p.m
東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
東京・港区・文京区(...
2019/12/11 ~ 2019/12/23
東海・愛知
2019/12/13 ~ 2020/1/5
東京・渋谷区・新宿区...
2019/12/19 ~ 2019/12/21
東京・渋谷区・新宿区...
2019/12/20 ~ 2020/1/6

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催中 2019年12月6日(金)

2019年12月21日(土)
東京 千代田区・中央区(銀座など)

むろまいこ展 ―冬の果実―

ジャンルに拘らず、開放的で生命力に満ちた世界を表現する「むろまいこ」 今回は、冬にも瑞々しく...

開催前 2020年1月7日(火) 10:00

2020年1月26日(日) 18:00
中国 岡山

第16回ミマサカコドモ絵画展

昭和59年より「勝田郡児童生徒絵画展」として始まった本展も、勝央美術文学館の開館にともない名称...

開催中 2019年12月9日(月) 11:00

2019年12月21日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

安原成美 個展

Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「安原成美 個展...

開催中 2019年12月13日(金) 11:00

2019年12月29日(日) 19:00
京阪神 京都

次回展「私たち:山下和也」展のご案内

日本画家であり、東洋絵画修理技術者(国宝修理装こう師連盟外部技術登録者)として活動する山下和也...

このイベントに行きたい人0人