国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
絵画・版画
オールジャンル
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

*チケットプレゼント*
本展では、モダンで優美な絵画と、 モードの帝王ポール・ポワレが重用した絹織物を含む、デュフィのテキスタイル・デザイン関連作品を一堂に展示致します。

1926 3 3 3
ラウル・デュフィ展― 絵画とテキスタイル・デザイン ―

【画像キャプション:《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵】

*チケットプレゼント応募締切*
2019年10月6日(日)/5組10名
応募方法は文末に記載

華やかで明るい色彩と軽妙な筆致の作品で、現代でも多くの人々を惹きつける画家ラウル・デュフィ(1877-1953)。本展では、モダンで優美な絵画と、 モードの帝王ポール・ポワレが重用した絹織物を含む、デュフィのテキスタイル・デザイン関連作品を一堂に展示致します。陽光があふれる穏やかな 南仏の海と活気ある室内を描いた《ニースの窓辺》をはじめ、音楽や社交をテーマとした油彩画など、生きる喜びに満ちた作品を描いた デュフィは、絵画制作に加えて、リヨンの絹織物製造業ビアンキーニ=フェリエ社のために1912年から28年までテキスタイルのデザインを 提供していました。デュフィによる鮮やかな色彩と大胆なモチーフの布地は、上流階級の女性たちを魅了し大評判となりました。会場では ビアンキーニ=フェリエ社のアーカイヴを引き継いだデュフィ・ビアンキーニから出品されるデザイン原画や下絵、オリジナルテキスタイル、 プリント生地の為の試し刷り、そして復刻生産されたテキスタイルによる衣装作品などをご紹介いたします。絵画とテキスタイル・デザインという二つの 表現媒体を軽やかに越境しながら生み出された作品群を展観し、画家が目指した表現の本質と、デュフィの作品に付随する装飾性の意義に迫ります。

【チケットプレゼント応募方法】-------------------------------------------------
ログイン後、本ページの「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンより申請願います。

なお初回応募時は送付先住所の登録が必要となりますが、次回の応募からは送付先住所を
選択するのみとなり再度登録は不要となります。

また一度チケットプレゼントを申し込まれたイベントは、
「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが表示されないため、
申し込みを行ったかはログイン後「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが
表示されていないことで確認が行えます。

チケットプレゼントのご応募にはShareArtの会員登録が必要ですので、
ご応募の際は以下URLよりご登録の程よろしくお願いします。

<ユーザー登録(無料)はこちら>
https://www.share-art.jp/signup

■当選発表
 応募締め切り後1週間以内を目途にマイページにて発表

<その他の現在応募受付け中のチケットプレゼント情報はこちら>
https://www.share-art.jp/event/ticket

-----------------------------------------------------------------------------------

開催日 2019年10月05日~2019年12月15日
会場 パナソニック東京汐留ビル4階
会場住所 東京都港区東新橋1-5-1 地図
地域 東京 / 港区・文京区(六本木など)
入場料 一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円、中・高校生:500円、小学生以下:無料 
※20名以上の団体は100円割引
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
営業時間 午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※11月1日(金)、12月6日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分)

休館日:水曜日
イベントURL https://panasonic.co.jp/ls/museum/
東京都港区東新橋1-5-1
2019/10/29 18:00 投稿

もっと観たくなります

今回の企画はデュフィが取り組んだテ...
なまこっこ (8ヶ月1日前)

今回の展示で初めて知った。
とてもキレイな色使いだった。ファッションと融合して華やかで一流ブランドの服に生地が使われていた。
また好きな画家が増えた。

Mkitty03 (8ヶ月7日前)

明るい心躍る色彩に、気持ちが軽くなりました。artで心が軽くなるってやっぱりあるなぁとしみじみしてしまいました。
入場前のビデオもとても見ごたえがあり、ぜひ鑑賞前に見ることをお勧めします。
テキスタイルには今まであまり関心がなかったのですが、次にどこか海外に旅行するときには、生地屋さんに立ち寄りたいと思っています。

高木文彦 (9ヶ月11日前)

行ってきました。
絵画作品が好きなので、今回はテキスタイル中心ということで少々残念でしたが、展示されていた作品は「色彩の魔術師」に相応しい魅力的なものでした。また、初期の印象派的作品もなかなか良かったです。印象派でもいけたのでは?(笑)

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催中 2020年8月2日(日) 15:00

2020年8月8日(土) 17:00
東京 千代田区・中央区(銀座など)

GINZA CONTEMPORARY ART

現代アート作家による選抜展です。

開催前 2020年10月21日(水) 12:00

2020年10月29日(木) 19:00
東京 千代田区・中央区(銀座など)

【モルペウスの共生】

幻想美術作家『萌木ひろみ』と『生熊奈央』による2人展。タイトルの「モルペウス」はギリシア神話に...

開催前 2020年9月29日(火)

2020年10月11日(日)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

ACT企画グループ展「INTRO 9 ...

ACT企画グループ展「INTRO 9 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」

開催中 2019年9月23日(月) 18:30

2020年9月23日(水) 18:30
東京 板橋区・練馬区・豊島区・中野区・杉並区(池袋・中野など)

シュプリーム iPhone11pro/...

LINE ID:coshome1 その他、知りたい情報を入手したいなら何でもラインまでご連絡...

このイベントに行きたい人15人

  • 三浦菜々恵
  • 奥田知子
  • 吉田昌子
  • Pooh
  • 刺し子b
  • 高木文彦
  • eonjp
  • はる
  • まりか
  • kujira
  • りおっち
  • 湯嶋敦
  • 黒川千賀子
  • 小島でおます。
  • Estetiko