国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
立体・彫刻
オールジャンル
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

私たちの体は、神秘に満ちています。

468 0 0 0
【展覧会】特別展「人体 ー神秘への挑戦ー」

【画像キャプション:アンドレアス・ヴェサリウス『ファブリカ』ファクシミリ版1964年より】

汝、自身を知る。
それは、
人類が挑み続ける
永遠の謎。
私たちの体は、神秘に満ちています。
自らを生かし、動かすものの仕組みを理解するために、人類はルネサンスの時代から多くの挑戦を重ねてきました。 本展覧会では、先人たちの努力の歴史と功績を振り返りながら、人体の構造と機能を解説するとともに、それが最先端の研究でどのように変わりつつあるのかを紹介します。

そもそも人体を理解するということとは――。それは進化の文脈の中で語られることもあれば、機械になぞらえて、構造と機能の関係の中で理解されることもあります。様々な科学の領域が常に発展を続ける中で、これまでに多くの解釈が生まれ、顕微鏡をはじめとする機器の発明や技術の進歩もまた、人類の認知の限界を拡大してきました。 人体研究の歴史は、科学の発達の縮図なのです。そして人体理解の道筋をたどることで、その本質も概観できるのです。
最も身近でありながら、最も奥深い、「人体」の世界をお楽しみください。

開催日 2018年03月13日~2018年06月17日
会場 国立科学博物館
会場住所 東京都台東区上野公園7−20 地図
地域 東京 / 足立区・北区・荒川区・台東区(上野など)
入場料 一般・大学生:1,600 円(1,400 円)
小・中・高校生:600 円(500 円)
※()は前売料金
※未就学児無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
営業時間 9:00~17:00
金曜、土曜日は20:00まで
4月29日(日)、30日(月・振替休日)、5月3日(木・祝)は20:00まで
5月1日(火)、2日(水)、6日(日)は18:00まで
入館は閉館の30分前まで
※開館時間や休館日については変更する可能性があります。

休館日:月曜日 ※3月26日(月)、4月2日(月)、4月30日(月・振替休日)、6月11日(月)は開館
イベントURL http://jintai2018.jp
東京都台東区上野公園7−20

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催中 2018年5月24日(木)

2018年9月1日(土)
東京 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)

徐震®︎『Xu Zhen Store』展

「Xu Zhen Store」は、現代中国を代表するアーティスト・徐震®(シュー・ジェン)によ...

開催前 2018年8月6日(月)

2018年8月11日(土)
東京 千代田区・中央区(銀座など)

第24回現代美術日韓展

現代美術日韓展は、1995年、ソウルでの第1回展から始まり、年一回、日本と韓国で開催国を交代す...

開催前 2018年8月1日(水) 10:00

2018年8月12日(日) 17:00
南関東 神奈川

伊東敏光展

近年、古材を好んで用いた彫刻は、古材が歩んできた歴史が作品の一部となり、伊東氏の手によって再構...

開催中 2018年7月14日(土) 11:00

2018年7月22日(日) 17:00
南関東 神奈川

第11回 横浜山手の坂道と風景展 PART2

油彩画、アクリル画、手染めキルト絵、点描画、和紙、パステル画、銅板、アクセサリー、日本画 参加...

このイベントに行きたい人6人

  • nisa
  • ゆっこ
  • ふく
  • 銀藻
  • みほ
  • 小笠原恭子