国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

開催中
カテゴリ
観光イベント・観光アート
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

チームラボ、岡山の旧醤油蔵で、お茶と水面を浮遊するランプが共鳴する新たな作品を発表。旧醤油蔵の地下空間が、黒い水が四方に広がる茶室に。

60 0 0 0
TeamLab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse

【画像キャプション:共鳴する茶 / Tea in Spontaneous Order teamLab, 2021, Interactive Installation, Endless, Sound: teamLab】

チームラボは、岡山県岡山市に明治時代に建てられた旧醤油蔵「福岡醤油ギャラリー」で、音色を響かせ輝くお茶と、水の上を浮遊するランプがインタラクティブに共鳴しあう新たなアート作品を発表します。当時は漆黒の液体が貯蔵されていたであろう旧醤油蔵の地下空間は、黒い水が四方に広がる茶室となります。一服の茶を点てると、茶は音色を響かせ光を灯します。空間全面に広がる水の上を浮遊するランプは、自律しており、それぞれが様々なリズムで明滅しています。音色を響かせ輝くお茶とランプは、近くの光のリズムと引き込み現象を起こして共鳴し、時間が経つとともに明滅がそろったり波打ったりします。「Teamlab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse」、4月15日(木)にオープン。

【展覧会コンセプト】
旧福岡醤油建物は、明治時代(1868 - 1912)に建てられ、かつては醤油製造に使われていた。当時は漆黒の液体が貯蔵されていたであろう地下は、同じように黒い液体に満たされ、四方に無限に広がる茶室となり、茶の時間が続いていく。
一服の茶を点てると、茶は光を灯し、近くの光のリズムと引き込み現象を起こしていく。

引き込み現象とは、異なるリズムが互いに影響を受けてそろっていくこと。壁に掛かった二つの振り子時計の振り子、ホタルの集団発光、心臓細胞の律動など、物理現象、神経生理、生命系や生態系など多様な系で見られる。個々が全体を俯瞰する能力を持たないにも関わらず、個々の自律的な振る舞いの結果として、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象である自己組織化であり、自発的秩序形成とも言える。

一方、本来宇宙では、エントロピー(無秩序の度合いを表す物理量)が極大化に向かうとされ(エントロピー増大の法則)、形あるものは崩れていくのが摂理だ。しかし、それでもこの宇宙や生命、自然や社会が成り立っているのは、無秩序に向かう中で、自己組織化という共通の現象によって、ひとりでに秩序が生まれているからかもしれないのだ。

「茶の本」(1906)の著者である岡倉天心(1863 - 1913)は最期の手紙の中で、「私は宇宙と全くうまくやっており、宇宙からこの頃与えられるものに対して感謝、そう大変感謝しております。」と語っている。茶とは、「自他一体の境地」「人間と自然との究極的な合一」を目指した時間だったのかもしれない。

開催日 2021年04月15日~2022年03月31日
会場 福岡醤油ギャラリー
会場住所 岡山県岡山市北区弓之町 17-35 地図
地域 中国 / 岡山
アクセス 〈徒歩で〉
JR岡山駅東口から徒歩25分

〈路面電車で〉
JR岡山駅前から「東山」行き「城下」下車徒歩6分

〈タクシーで〉
JR岡山駅東口から車(タクシー)で10分
入場料 一律1人1000円(税込)
※EN TEAのお茶(一杯)が含まれています。
営業時間 10:00-17:00(最終入場 16:30)
休館日: 毎週水曜日
イベントURL https://www.teamlab.art/jp/e/teatime/
岡山県岡山市北区弓之町 17-35
東京・渋谷区・新宿区...
2021/5/12 ~ 2021/5/18
東京・千代田区・中央...
2021/6/4 ~ 2021/6/27

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

このイベントに行きたい人0人