国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
絵画・版画
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

単色での絵画制作を続けて十余年。その技法はあまりにも定石からかけはなれた異端なものであった。しかし、彼はあくまで自分の意思を押し通し、異端であり続けた。

132 0 0 0
橋本六久 第6回個展「OUTSIDE STANDARD」

橋本六久 第6回個展「OUTSIDE STANDARD」

単色での絵画制作を続けて十余年。その技法はあまりにも定石からかけはなれた異端なものであった。しかし、彼はあくまで自分の意思を押し通し、異端であり続けた。
全ては芸術の為に。
一局に集中し、研ぎ澄まされた橋本六久の技が作り出す彼だけの世界。
群緑と紺青で埋め尽くされた空間は、鑑賞する人間に何を訴えるのだろうか。

■ 会期
2019/10/15(火)-10/20(日)
11:00-20:00 ※最終日は18:00まで

■ 会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT3
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■ webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT193/hashimoto_rokuhisa.html

■ 出展作家
橋本六久

文豪に傾倒する絵描き。故に、その作品の性質も文学的である。幼少の頃より絵に親しんでいたが、祖母の遺した言葉に誓い本格的に画道を歩む決心をする。
 二十一歳の時、オーバードーズによる自殺を試みるも、未遂に終わっている。
 この時、臨死体験を通じて見えた緑青の世界が、自身の作品テーマである無意識となる。それ以降、自身を微睡画家と名乗り、日本画顔料を使用し単色での作品展開を行っている。
 その絵画の性質は日本画のスタンダードからは著しく逸脱してはいるが、それ故に独自の技術と世界観を構築している。
 芸術の為の芸術とは何かという問いに対するこたえを模索し、今日も筆を振るう奇人。

2006 個展・毒電波放送局第一放送「I like it」@BABYLON/大阪
2010 個展・骨と骸は緑色@ギャラリーはねうさぎ/京都
2012 ジャパンアートフェスティバル@ニュージーランド
2014 個展・【これ】如是我聞【六久です】@Y ukiakari/滋賀
2016 個展・ユメミルオトコノコ@ヴァニラ画廊/東京
2017 コラボアート21 入選・審査員特別賞受賞@梅田スカイビル/大阪
2018 個展・心斎橋奇譚@ギャラリーパライソ/大阪

開催日 2019年10月15日 11:00~2019年10月20日 20:00
会場 The Artcomplex Center of Tokyo/アートコンプレックスセンター
会場住所 東京都新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター 2F 地図
地域 東京 / 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)
入場料 無料
営業時間 11:00-20:00 ※最終日は18:00まで
電話番号 03-3341-3253
イベントURL http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT193/hashimoto_rokuhisa.html
東京都新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター 2F
東京・渋谷区・新宿区...
2020/9/8 ~ 2020/9/13
東京・渋谷区・新宿区...
2020/8/4 ~ 2020/8/9
東京・渋谷区・新宿区...
2020/8/25 ~ 2020/8/30

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催前 2020年9月5日(土)

2020年10月21日(水)
北陸 富山

近現代日本絵画展

*チケットプレゼント* 日本画・洋画の精鋭たちの優品55点でたどる近現代日本絵画の流れ

開催前 2020年10月10日(土)

2020年11月23日(月)
京阪神 京都

御即位記念 特別展 皇室の名宝

新たな世の始まりをことほぎ、皇室ゆかりの地である京都において、宮内庁が所蔵する名品を日本の宮廷...

もうすぐ終了 2020年7月30日(木) 12:00

2020年8月8日(土) 16:00
東京 港区・文京区(六本木など)

カミクボユウスケ造形展

陶器造形作家カミクボユウスケによる陶芸展になります。 メカやロボットをモチーフにした陶芸作品...

開催前 2020年9月19日(土)

2020年11月8日(日)
京阪神 兵庫

芦屋の時間 大コレクション展

*チケットプレゼント* 芦屋市立美術博物館のコレクションを支える作家は、126名にも及びます...

このイベントに行きたい人1人

  • 北嶋宏美