国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

開催中
カテゴリ
オールジャンル
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

今回は、それぞれのメゾンを主宰したクリスチャン・ディオールとクリストバル・バレンシアガ、この二人が活躍した1950年代の作品を中心に、8点のドレスをご紹介します!

173 0 0 0
コレクション展「ディオールとバレンシアガ」

【画像キャプション:クリスチャン・ディオール《ディナー・ドレス「カラカス」》1953年】

 第二次大戦後の1950年代、パリは再びモードの中心地として求心力を持つ都市になっていました。このパリのトップモードをけん引したのが、ディオールとバレンシアガという二つのメゾン(オートクチュールの店)です。今回は、それぞれのメゾンを主宰したクリスチャン・ディオールとクリストバル・バレンシアガ、この二人が活躍した1950年代の作品を中心に、8点のドレスをご紹介します。両者の作品を比較してみることにより、彼らのクリエイションの共通点とともに、その違いもあわせてみていただければ幸いです。

開催日 2018年12月19日~2019年02月18日
会場 島根県立石見美術館
会場住所 島根県益田市有明町5−15 地図
地域 中国 / 島根
営業時間 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)

休館日:毎週火曜日、12月28日~1月1日
島根県益田市有明町5−15

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

このイベントに行きたい人0人