国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

終了しました
カテゴリ
絵画・版画
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

*チケットプレゼント*
同展は、国内有数のグランヴィルのコレクターであるM氏が所蔵する書籍約20冊と、そこから分割したシート作品約200点などを一堂に展示し、近代美術史の中でも類まれなイマジネーションの持ち主であったグランヴィルの足跡をたどります。

416 0 0 0
県美プレミアムⅢ 小企画 M氏コレクションによるJ・J・グランウィル

【画像キャプション:『星々』(1849 年)より《流れ星》】

*チケットプレゼント応募締切*
2018年12月9日(日)/5組10名
応募方法は文末に記載
※県美プレミアムⅢ 特集 類は友を呼ぶと合わせて、5組10名様プレゼント

 J・J・グランヴィル(1803 年-1847 年、本名ジャン= イニャス= イシドール・ジェラール)は、19世紀前半のフランスで活躍した代表的な諷刺画家・
挿絵画家です。動物と人間が変身・合体し、生物と無生物とが混交する幻想的作品は、20世紀のシュルレアリスム絵画を先駆するとさえ評されます。同展は、国内有数のグランヴィルのコレクターであるM氏が所蔵する書籍約20 冊と、そこから分割したシート作品約200点などを一堂に展示し、近代美術史の中でも類まれなイマジネーションの持ち主であったグランヴィルの足跡をたどります。

第1 章 諷刺画家グランヴィル登場
 ナンシーに生まれたグランヴィルは、成人後パリに出てイラストレーターとして活動を始めます。リトグラフによる風刺画シリーズ『良きブルジョワの日曜日』(1827 年)で注目を集めた彼は、人物を動物に見立てたリトグラフ集『当世風変身譚』(1829年)でさらなる名声を得ます。その後、特に、編集者シャルル・フィリポンによる諷刺新聞『ラ・カリカチュール』に活躍の場を得て、政治や世相を揶揄する作品を次々と発表しました。

第2 章 挿絵本での活躍
 1835年の『ラ・カリカチュール』休刊以後は、『ラ・フォンテーヌの寓話』(1838年)、『動物たちの私的公的生活情景』(1842年)といった木口木版を主体とする挿絵本が、グランヴィルの主な活動の舞台となりました。これらの作品は、『当世風変身譚』以来彼の得意技となっていた動物化された人間のイメージの発展型と見なすことができるでしょう。特に、『もうひとつの世界』(1844年)では、人間と動物とのありとあらゆる合体や変形、さらには生物と非生物の混交にいたるまで、めくるめくイメージの奔流を見ることができます。

第3 章 晩年、そして没後
 晩年になると辛辣な諷刺性や奇抜なイメージはいくぶん後退し、『生きている花々』(1847年)や没後出版された『星々』(1849年)のように、美しい女性を花や星に見立てたロマンティックな世界を描くようになります。これは、1842 年に亡くなった最初の妻アンリエットの面影を反映させたためとも言われます。しかし、彼の絶筆とされる《第一の夢:罪と贖罪》は、ある悪夢をめくるめくイメージの変容のうちに表現しており、奇想の作家グランヴィルの最後にふさわしい作品といえるでしょう。

【チケットプレゼント応募方法】-------------------------------------------------
ログイン後、本ページの「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンより申請願います。

なお初回応募時は送付先住所の登録が必要となりますが、次回の応募からは送付先住所を
選択するのみとなり再度登録は不要となります。

また一度チケットプレゼントを申し込まれたイベントは、
「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが表示されないため、
申し込みを行ったかはログイン後「チケットプレゼントへ申し込む」ボタンが
表示されていないことで確認が行えます。

チケットプレゼントのご応募にはShareArtの会員登録が必要ですので、
ご応募の際は以下URLよりご登録の程よろしくお願いします。

<ユーザー登録(無料)はこちら>
https://www.share-art.jp/signup

■当選発表
 応募締め切り後1週間以内を目途にマイページにて発表

<その他の現在応募受付け中のチケットプレゼント情報はこちら>
https://www.share-art.jp/event/ticket

-----------------------------------------------------------------------------------

開催日 2018年11月17日~2019年03月03日
会場 兵庫県立美術館 常設展示室
会場住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 地図
地域 京阪神 / 兵庫
入場料 一般:500(400)[300]円
大学生:400(300)[200]円
70歳以上:250(200)[150]円
高校生以下:無料
※( )は20名以上の団体料金/[ ]は特別展とのセット料金
※障がいのある方(70歳以上を除く)は各観覧料金の半額、その介護の方1名は無料
※毎月第2日曜日は公益財団法人伊藤文化財団のご協力により無料で観覧できます。
※11月24日~ 25日は「関西文化の日」により無料で観覧できます。
営業時間 午前10時―午後6時(特別展開催中の金・土曜日は午後8時まで)
※入場は閉館の30分前まで

休館日:月曜日(ただし、12月24日、1月14日、2月11日の祝日、振替休日は開館、12月25日、1月15日、2月12日の火曜日は休館)、年末年始およびメンテナンス休館(12月31日(月)―1月10日(木))
イベントURL https://www.artm.pref.hyogo.jp/
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催前 2019年7月16日(火) 11:00

2019年7月27日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

中澤美和展

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「中澤美...

開催前 2019年6月6日(木) 10:00

2019年6月21日(金) 17:00
南関東 神奈川

夫婦絵師展

この度、「夫婦絵師展」を開催致します。 本展は、夫婦共に活躍している作家たちというテーマで企...

開催前 2019年6月24日(月) 11:00

2019年7月6日(土) 17:00
東京 港区・文京区(六本木など)

鮫島大輔 ―FISH GONG― 

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「鮫島大...

開催前 2019年6月7日(金)

2019年6月11日(火)
東京 板橋区・練馬区・豊島区・中野区・杉並区(池袋・中野など)

サチアレ

切り絵xペン画展 「サチアレ」ソノ言葉のみがテーマ

このイベントに行きたい人0人