国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

開催中
カテゴリ
インテリア・家具・建築
個展・グループ展・展示会
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

記憶は現在を動かし、未来をつくる ──
この信念にもとづいた田根の創造は、都市の担い手である私たち一人一人にとって建築の持つ力や使命、未来への可能性を考えるきっかけとなるでしょう。

258 0 0 0
田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future ─ Digging & Building

【画像キャプション:《エストニア国立博物館》タルトゥ 2006-16 Dorell.Ghotmeh.Tane / Architects photo: Eesti Rahva Muuseum】

フランスを拠点に世界各地でプロジェクトを進め、
現在もっとも注目を集める気鋭の建築家・田根剛(たね つよし)。
20代の若さでドレル・ゴットメ・田根(DGT.)として〈エストニア国立博物館〉の国際設計競技に勝利し、
選出から約10年の歳月を経た2016年秋に同プロジェクトが竣工を迎えるなど、国内外の注目がさらに高まっています。
また、2012年に行われた新国立競技場基本構想国際デザイン競技(ザハ・ハディド案選出時)に参加し、
11人のファイナリストに選ばれた〈古墳スタジアム〉は幅広い層に知られるきっかけとなりました。
2017年のDGT.解散後はAtelier Tsuyoshi Tane Architectsをパリに設立し、活動の場をさらに広げています。

このたび東京オペラシティアートギャラリーとTOTOギャラリー・間は、田根剛の展覧会を同時期に開催します。
「Archaeology of the Future ─ 未来の記憶」を共通のテーマにしながら、
田根の密度の高いこれまでの活動と、建築は記憶を通じていかに未来をつくりうるかという挑戦を、ふたつの会場で紹介します。

記憶は現在を動かし、未来をつくる ──
この信念にもとづいた田根の創造は、都市の担い手である私たち一人一人にとって建築の持つ力や使命、未来への可能性を考えるきっかけとなるでしょう。

開催日 2018年10月19日~2018年12月24日
会場 東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
会場住所 東京都新宿区西新宿3-20-2 地図
地域 東京 / 渋谷区・新宿区(表参道・青山など)
入場料 一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)
中学生以下無料

※同時開催「収蔵品展064 異国で描く」「project N 73 中村太一」の入場料を含みます。
※収蔵品展入場券200円(割引は無し)もあり。
※( )内は15名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
営業時間 11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(12月24日は開館)
イベントURL https://jp.toto.com/gallerma/ex181018/index.htm
東京都新宿区西新宿3-20-2

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催前 2018年11月28日(水) 13:00

2018年12月3日(月) 17:00
南関東 神奈川

Forest garden VOL4 ...

各々のアクセサリーやキルトに加え、ほんの少しだけ二人の新ブランドhaku樹を出展します

開催中 2018年11月16日(金)

2018年11月20日(火)
東京 板橋区・練馬区・豊島区・中野区・杉並区(池袋・中野など)

第8回 レッドバンブー展

女子美術大学付属高等学校の同級生9人によるグループ展

開催中 2018年11月6日(火) 10:00

2018年11月22日(木) 17:00
南関東 神奈川

清水健太郎小品展 -バベルへのより道-

近年、旧約聖書の創世記に登場する「バベルの塔」をテーマに制作を続ける作家、清水健太郎氏の個展。...

開催中 2018年9月5日(水)

2019年2月28日(木)
東京 世田谷区・目黒区・品川区・大田区(下北沢・自由が丘など)

「HY ART STORY at 中目...

この夏、中目黒の街をジャックしたアートフェス出展作品をMDP galleryサイトで販売中です...

このイベントに行きたい人0人