国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

開催まで後15日
カテゴリ
観光イベント・観光アート
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?

チームラボは、GINZA SIXの屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」で、「呼応する木々」を展示。屋上庭園を、光と音とデジタルテクノロジーにより、人々の存在によって変化するデジタルアート空間に変えます。

98 0 1 0
呼応する木々 in GINZA SIX GARDEN

▼Digitized Nature
自然が自然のままアートになる

周辺を知覚することやネットワークといったデジタルテクノロジーも、光や音なども、非物質なマテリアルである。そのような非物質なマテリアル、つまりデジタルテクノロジーは、自然を破壊することなく、生きたまま自然をアートにすることができる。

自然そのものが自然のままアートになる。
そして、自然が長い時間をかけて作ったその造形そのものを使うことで、人間が普段知覚できない、長い長い時間を感じることができるのではないかと考えている。

屋上庭園の木々がライトアップされ光り輝く。木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように強く輝いたり消えたりしている。

木々の光は、鑑賞者が近くを通ると、光の色を変化させ色特有の音色を響かせる。そして、その木の光は、両隣の木に伝播させていく。伝播された木の光は、同じように音色を響かせながら、次々に隣の木に伝播させ、連続していく。

屋上庭園の向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうの方に人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

■チームラボとは
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」、「ミラノ万博2015」日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison & Objet」、5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」、シリコンバレー、台湾、ロンドンでの個展、シンガポールで巨大な常設展などアート展を国内外で開催。フランス・パリにて「teamLab : Au-del・des limites」を、2018年9月9日まで開催。また2018年6月21日、お台場・パレットタウン大観覧車下に、「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」をオープン。2018年7月19日から「チームラボ かみさまがすまう森」を御船山楽園(佐賀・武雄)にて開催。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)に永久収蔵されている。

開催日 2018年08月01日~2018年09月02日
会場 GINZA SIX屋上「GINZA SIX ガーデン」
会場住所 東京都中央区銀座6-10-1 地図
地域 東京 / 千代田区・中央区(銀座など)
入場料 無料
営業時間 日没 - 23:00

休館日: 8月27日(月)※屋上庭園の展示は休館日も実施致します
イベントURL https://www.teamlab.art/jp/e/ginzasixgarden
東京都中央区銀座6-10-1

まだこのイベントが書かれたブログはありません。

会員登録をしてコメントしよう!

同じカテゴリーのイベント

開催前 2018年8月1日(水)

2018年8月10日(金)
東京 千代田区・中央区(銀座など)

風の大地~松沢真紀 油絵・水彩画展~

新進気鋭の女性画家の展示です。富士山の連作を中心に、新たに可愛らしい猫の水彩画など、約20点を...

このイベントに行きたい人0人