国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

カテゴリ
活動日記
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?
28 0 0 0

弘田一成は、生成と崩壊の同時表示を目指した絵画を形成する。主体的であるようでいて、その実、得体の知れないものに突き動かされている人間の様態を示した「腹話術」、バベルの塔を大元のモチーフとし、人工性をヴァージョンアップさせ、あやうくも構築と拡張を継続してゆく他はない、わたしたち人類の性をあらわした「摩天楼」そしてそこから派生した、人間の情念の集合体としての「都市」 これら3つのモチーフにより、われわれをとりまく世界の縮図のようなものを、半ばコミカルに描き出そうと試みる。

2019/12/03 14:46 投稿

腹話術と人間の情念の集合体としてのCITY

「利己的な遺伝子」というワードがあ...
2019/12/03 14:39 投稿

SKYSCRAPER/人間の宿命

人間はもともと猿の中でも劣勢なグル...
2019/12/01 00:15 投稿

「弘田一成個展2019 腹話術/摩天楼」 コメント2

:現在、3つのモチーフをシリーズ化...