国内最大級アートコミュニティーサイト会員登録数1万人以上

カテゴリ
イベント出展・出演レポート
タグ[編集]
このページにタグをつけてみませんか?
1382 1 0 0

私、中道耕平は、銀座のGALLERY ARTPOINT様の選抜グループ展「ART POINT Selection 1」に参加します。
私は、原発事故を受けて描いた「亡郷の記憶」シリーズを、6点前後出品する予定です。
期間中お近くまでお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

【ART POINT Selection 1】
・1/30(月)〜2/4(土)12:30〜19:30
 (最終日のみ17:00まで)
・東京都中央区銀座-8-11-13エリザベスビルB1F
・Tel. 03-5537-3690
・Mail. gap@art-point.jp
・HP. http://www.art-point.jp/

【亡郷の記憶シリーズについて】
2011年3月11日以降、私たちの美しい郷土は、放射能によって二度と還らないものとなりつつあります。 絶対の安全を謳っていた国や管理会社が、実際に事故が起こってみると、その責任を果たすどころか、公然と嘘をつき、あまつさえ自身の保身に奔走するさまに、私は筆舌に尽くしがたい怒りを覚えました。そして今、この瞬間にも、成す術無く放射性物質は漏れ続けています。
そんな状況の中で、私は、今までと同じスタンスで制作を続けていて良いのだろうかと考える様になりました。 私がモチーフとしてきた美しい日本の風景が日々刻々と汚染されているのです。一見、今までと変わらず美しく見える山や河も、近い将来、直接観たり触れたりする事ができなくなってしまうかもしれないのです。 この事に対して私が感じている怒りや悲しみを度外視して、これまでと変わらずに描いていたのでは、今を生きる作家として、また、自分自身に対しても、どこかで嘘をついている事になるのではないかと。

こうした思いを作品として昇華させたのが、「亡郷の記憶」シリーズです。
すなわち、この事故を忘れないために、そして失われゆく日本の美しい風景を未来永劫忘れないために、私は未来へのレクイエムとしてこのシリーズを描く事にしました。この国に生まれ、生きる画家として。
http://www32.ocn.ne.jp/~water_site/sw/works/index.html

中道耕平 (12年7ヶ月前)

始まりました!
今回の展示作品は、滝や川の流れなど、私が日頃美しいと思う日本の風景を描いたものですが、それだけにとどまらず、原発事故を受けて感じた怒りや悲しみをも内包した、メッセージ性の強い連作でもあります。
ご覧いただいて何かを感じていただき、願わくば、僕がこれらの絵に込めた思いを共有いただく事ができたなら幸いです。

2013/02/03 14:52 投稿

ユニグラバス展_お礼

ユニグラバス展、昨日をもって無事終...
2012/05/01 14:41 投稿

【5/3・4】SICF13出展のご案内

5/3から5/6まで青山のスパイラ...
2012/01/25 15:11 投稿

展示風景

ユニグラバス展での私の作品の展示風...